« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月25日 (水)

”NO NUKES” 野田民主党には一刻も早い政治からの退場を

東京新聞の社説がイイ

反原発抗議行動に考える 人々の声が政治を変える

2012年7月25日


 毎週金曜日の夕方、首相官邸と国会議事堂前は数万人の群衆で埋め尽くされる。原発再稼働に反対する抗議行動。「人々の声」をどう考えたらいいのか。
 小雨が降って、夏とは思えぬほど冷え込んだ七月二十日。霞が関周辺の路上は夕方から人々が集まり始めた。高齢者や母子連れ、働き盛りの若者たち。身に着けたTシャツや小物、手製のプラカードには反原発運動のシンボルである鮮やかな黄色が目立つ。
 午後六時。スピーカーから「再稼働反対」のシュプレヒコールが鳴り響く。開始の合図だった。
◆淡々と冷静な女性たち
 抗議行動は四月に数百人で始まった。いま街頭に繰り出す人の波は名古屋、京都、大阪、広島など全国に広がっている。七月十六日、東京・代々木公園で開かれた集会・デモには猛暑の中、十七万人(主催者発表)が集まった。
 膨れ上がる参加者の人数とは対照的に、多くの人々は拍子抜けするほど冷静だ。歩道の石垣に腰を下ろしていた中年の女性が言った。「こういう運動で原発が止まるとは思わない。でも、いま声を上げなきゃと思って」。暗がりの中、黙って掲げた手製の電光式プラカードには「NO NUKES(核はごめんだ)」という文字が光る。
 代々木公園で「原発、いますぐやめろ」というコールが響いた。すると、年配の女性は「“やめろ”って言ったって、そう簡単にやめられるもんじゃないわよ」と独り言のようにつぶやいた。
 スピーカーの声はずっと叫んでいた。だが、彼女たちは激せず、あくまで淡々としている。
 日本で大規模な街頭デモが繰り広げられるのは、一九七〇年の安保反対闘争以来である。首相官邸前に限れば、六〇年の安保闘争以来、ほぼ五十年ぶりになる。どこが違うのか。
◆政治の主役は政治家か
 かつてのデモは暴力的な行動を伴った。警察・機動隊の阻止線を突破する。それが目標であり「戦い」だった。
 だが今回は、まったく異なる。官邸周辺を歩き、声を出す。黙ってプラカードを掲げる。白い風船をかざす。風船は新党日本の田中康夫衆院議員が現場で配り始め、シンボルになった。そして午後八時になると整然と帰って行く。
 代々木公園で女の子を連れた母親はこう言った。「私は最近までワーキングプアで、忙しくて声を出す暇もなかった。上のほうで政治やってる人たちは何してるの。市民を中心に考えてほしい。子どもの将来が心配です」
 年配女性は「私たちはもう、どうなってもいいけど、若い人がかわいそう。長いものに巻かれろじゃなくて、個人一人一人が声を出さなければいけない。今日はそう思って来たんです」と応じた。
 官邸や国会議事堂前に集まるのは、こういう人たちである。
 かつて六〇年安保闘争の最中、岸信介首相は「私には“声なき声”が聞こえる」と言って騒然とした国会周辺のデモを無視した。
 いま「声なき声」の人々は声を出し始めた。収束しない福島原発事故の怖さ、今後も長く続く被災者の苦しみ、福島だけでなく首都圏や東北にも広がる放射能汚染。そうした現実を肌で感じて抗議の輪に加わっている。
 人々の街頭行動は原発再稼働だけでなく、政治のあり方をも問うている。政治とは何か。あれこれと考えるより、次の憲法前文を読んだほうが早い。
 「そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する」
 憲法は国政を「国民の信託による」と記している。だがいつの間にか、人々の間に「政治は政治家や政党がするもの」であるかのような思い込みが広がってしまった。私たち新聞もそうだ。政治面に登場するのは、ほとんどが政治家や政党の話である。
 政治の主役は国民であるはずなのに、代理人にすぎない政治家が主役であるかのような錯覚が広がった。街頭に立つ人々は本末転倒に目を覚まし「再稼働反対」のスローガンに託して、異議申し立てをしているように見える。
◆国民の声が届かぬ官邸
 象徴的な場面があった。七月二十日夕、鳩山由紀夫元首相が官邸前に現れ、こうスピーチした。
 「私はかつて官邸の中にいたが、いつか国民の声が届かなくなっていた。これから官房長官に会って、みなさんの声を伝えます」
 人気取りと批判するのはやさしい。だが、人々が元首相を街頭に引っ張り出したといえないか。主役が代理人を使う。それは本来、政治のあるべき姿でもある。声が届けば、政治は変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

ストロンチウムを岩手県で検出-瓦礫の広域処理はやってはいけない

文科省がようやくストロンチウムを首都圏、東北で検出した。猛毒のストロンチウムが出たことで北海道の瓦礫受け入れは事実上、消えた。それでも強行するのなら、全国民を敵にわわす

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/6000/5808/24/194_Sr_0724.pdf

次はプルトニウムが出るぞ。

王子製紙苫小牧工場とサニックス工場は今すぐにでも福島県産の可燃物の広域処理を中止するべきだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

映像で見る震災がれき岩倉市長との対話

市民と岩倉苫小牧市長との対話の様子がIWJからインターネットで放送されている。

http://www.ustream.tv/recorded/23954422

これで岩倉市長の主張することが公になった。

瓦礫受け入れの経緯から始まった市長の説明だが、市長の説明を聞いて、冒頭から疑惑が思い浮かんだ。

というのは、「震災がれきが苫小牧に入ってくるらしい」という噂は既に昨年2011年6月頃から岩倉グループ企業の下請け会社の間で囁かれていた。この話は従業員から直接聞いたので間違いない。

ということは、市長が説明する今年2012年の春に北海道知事からの要請を受け、市長自ら現地を視察し、復興の妨げになっているから、「なんとかしてあげたい」などという同情心から受け入れを決定した、のではないのだ。

視察に行く10ヶ月も前にはすでにがれきの受け入れは岩倉グループ企業内では決定事項だったのだ。

想像をたくましくしなくとも、岩倉市長は岩倉グループから「震災がれきを受け入れろ」との指令が下っていた、ことを疑われてもしかたがないだろう。

今回の震災がれき受け入れ騒動は、岩倉グループが企業が復興支援費をかすめ取ろうと、市長をパシリとして使うとしたに過ぎない。

だから、市民がいかに放射能に汚染された地区の震災がれきを「広域処理」という、国際的に馬鹿にされようが、がれきを受け入れようとする市長のかたくなな姿勢に変化が見られないのだ。

市民が市長が信じるIAEAのクリアランスレベルがどんなに危険かを説得しようが、彼の耳には届かないのだ。岩倉グループ企業からの指令(脅し?)が効いているのだ。

まるでCIAに脅される野田首相が、国民がどんなにオスプレイを購入しないように、と言っても聞く耳を持たないのと同じ構造だと言える。

ちょっと言いすぎた。

我らが岩倉市長はそんな”情けない人間”ではない。国会議員までやった人間だ。けっして”企業のパシリ”などではないぞ。

そうでないことを祈りたい。

対話の冒頭からこれだけの疑問が湧いた。このあとはあす以降の続きで。

あーあ、先が思いやられるぜ‐--。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

アイヌのおばあさんの本が再販

22年前に亡くなったアイヌのおばあさんが書き残した本が、今年、再販されることになった。おばあさんのひ孫にあたる友人のカヨさんからメールをもらった。カヨさんはマレーシア在住で何年かに一度お会いするだけだが、時々便りをくれる。

著者の砂沢クラさんにお会いしたことはないが、旭川のお生まれだという。明治の植民地政策から大正、昭和の耐え難い差別の時代を過ごしたことを想像することは困難ではない。

これは日本人が読むべき本の一冊である。「revised0711.pdf」をダウンロード


最近、ボン教に関する本を読み始めた。1万7千年前からチベット地方や広く中央アジアに伝わるボン教は現在のチベット仏教の元になった教えだ。

ボン教でもアイヌと同じような方法で神々に祈り、先祖供養を行う。 旧石器時代にどこかで発展した超古文明の教えが現代に伝わっていると確信した。

ボン教によると全ての物質は光であると説いている。現代物理学がようやく到達した結論を人類は1万7千年前に解明していたのだ。しかも、人間とは何か、また人生を全うする方法までも教えている。

アイヌ文化といい、チベット文化といい現代社会の末期的病状に対する処方箋を提示しているような気がしてならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

市民は岩倉市長に対して震災瓦礫の受け入れ撤回を要求

苫小牧岩倉市長に放射能汚染がれきの受け入れ撤回を求めた集会が13日行われた。

市民側は市長の説明には全く納得がいかず、さらに疑問が深まったとして下記の宣言文を発表した。


                   宣言

震災がれき受け入れの白紙撤回を要求します。

私たちは、本日、岩倉市長の震災がれきの受け入れの説明を受けました。しかしながら、疑問が深まるばかりです。

問題点の第一は、市長の決定が市民不在で行われたことです。「情報共有」「市民参加」「協働」が、市の憲法というべき自治基本条例において町づくりの基本原則とされています。にもかかわらず、市長は決定過程を公表せず、市民不在のままに受け入れを決めました。このことは、市長の暴走であり、市民参加の否定です。「説明する」といっても、結論を変える意思がないのですから、押しつけになります。

第二に、放射性物質への考え方です。放射性物質の集中管理は、市が説明に使うIAEAでも基本原則としています。またドイツ放射線防護協会も日本政府に対し、震災廃棄物やがれきの移動を中止するよう求めています。放射線レベルについても、現在の基準値がしっかりした科学的根拠に基づくものではありません。市長は、市民を危険にさらさない責任を放棄しています。

第三に、震災がれきの受け入れを復興協力の支援のためとしていますが、これについてもさまざまな問題点が指摘されています。今回受け入れよていのがれきを出している岩泉町伊達勝身町長も「無理して早く片付けなくてはいけないんだろうか。山にしておいて10年、20年かけて片付けたほうが地元に金が落ち、雇用も発生する」と述べているのです。苫小牧市の受け入れは、被災地の雇用を奪い、復興予算を横取りすることになりかねません。さらに、宮脇昭横浜国立大学名誉教授らは、がれきを活用して防潮堤・防災林を造成すべきと提言されています。その場合には、被災地にとってはがれきは資源でさえあります。

第四に、市長は安全性を強調していますが、安全の確認自体を市民参加でなされるべきです。震災がれきには、放射性以外の有害物質による汚染も指摘されていますが、その検討結果も不明です。がれきの再利用過程の安全性確認の方法も風評被害の保証への姿勢もすべて実態不明のまま進められています。安全を保証したという専門家の名前さえ明らかにしない不透明な行政に、環境保全の責任を委ねられるのでしょうか。

私たちは、市民不在のままに、震災がれきを受け入れて、環境汚染の危険性を招くことを認めることはできません
。決定を白紙撤回し、市民参加で一から検討し直すよう求めることを、ここに宣言します。

2012年7月13日 参加者一同。

以上の他にも岩倉市長と岩倉グループ企業との瓦礫受け入れについての疑惑もくすぶっている。
とにかく、岩倉市長をはじめ取り巻きの役人たちの放射能に関する知識の低さにはあきれかえる。何度でも言うが福島第一原発の事故で放出された放射能は猛毒である。これは紛れもない事実であり、一度その猛毒に汚染された地域の廃棄物は現地で集中管理するのが国際的なルール、常識である。そんなことも知らない連中の暴走は許されないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

震災が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

それでも苫小牧市は瓦礫受け入れを決行するのか

7月13日(金)15時から岩倉苫小牧市長と瓦礫受け入れについて市民が直接対話する。場所は苫小牧市本町1-6-1、アイビープラザ。

苫小牧市以外の住民も参加できる。広く市民、道民以外の住民にも全面公開されるという。

瓦礫受け入れを嫌だと思っている人はこの対話集会参加して市長に意見しよう。苫小牧市民でなくてもよい。北海道内外、外国人も参加できる。

苫小牧岩倉市長は被災地岩手県を支援するために是非とも木質瓦礫を受け入れようと積極的だ。100ミリシーベルト/kg以下の低レベル放射能汚染物は一般廃棄物として広域処理が可能だとしている。

一方、受け入れを懸念する市民側は福島第一原発の放射能に汚染された地域の瓦礫は国際的には広域処理はできないのが原則で、低レベル放射能の被爆は人体に甚大な影響を及ぼすととして苫小牧市の受け入れには大きなリスクがあるとしている。

苫小牧市の幹部のひとりはは「自然にも放射能は存在して、日常的に我々は放射能を浴びている」と発言し、低レベルの放射能は人体には影響ないと語っている。

苫小牧市側と市民側との放射能に対する知識の差が余りにも大きいのに愕然とする。

自然に存在する放射能に対して人類は何万年、何十万年かけて耐性を得てきたのだろうか。それでも癌は発生する。ましてや福島第一原発の事故によってまき散らされたセシウム、トリチウム、プルトニウムという猛毒はわずかでも内部被爆によって癌細胞を発生させることは周知のとおりだ。

被災地の支援をしたいのならば、苫小牧が受け入れようとしている木質瓦礫を被災地の工場で加工製品化するのが一番だ。被災地に復興支援金が落ちるようにすべきで、苫小牧まで運んで製品化した木工加工製品を再び被災地に送り返すなんてCO2をばらまいて地球温暖化を加速させるリサイクルはやめるべきだ。

苫小牧市岩倉市長が木質瓦礫にこだわる本当の理由は、新聞は書かないが(新聞記者は誰でも知っているが)岩倉グループが木質瓦礫の加工する工場を持っているからで、一族郎党の支援が一番の目的らしい。ある全国紙の新聞記者がそう言ったのを耳にした。

もしも、瓦礫受け入れ後に基準値以上の放射能が苫小牧で検出されたのであれば、北海道産の農林水産業のダメージは計り知れない。

岩倉市長は責任を負うと言ってはいるが、どんな責任の取り方があるのか。岩倉グループが被害を受けた農家や漁業者に賠償金を払うという意味なのだろうか。

環境省が言い出した瓦礫の広域処理について、苫小牧市は何の懸念も持たず、岩倉市長の独断で決行されようとしている。議会も沈黙したままだ。苫小牧市には民主主義の「み」の字も見当たらない。市会議員たちの能天気さにも呆れる。賛成、某観する議員はネガティブキャンペーンの対象だ。

農業青年、漁業青年たちよ、是非ともこの集会に参加するべきだ。傍観していては君たちの生活は破綻する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

伝説のライブハウス「アミダ様」復活ライブがyoutubeで

7月7日に再オープンしたライブハウス「アミダ様」(苫小牧市錦町1-4-12十字街ビル2階)の復活ライブ

http://www.youtube.com/watch?v=iaPYqISHeOo&feature=plcp

にて公開中!

このライブハウスは36年目に突入。ジャズ・ブルース・ロック・落語などさまざまなパフォーマンスが開催される。

7月17日は遠藤ミチロウ アコースティック・ライブツアー2012が開催決定した。福島県出身の遠藤は今年もプロジェクト福島を開催。反原発を訴えるライブコンサートを決行するそうだ。
「michirou.pdf」をダウンロード


8月11日は「ともしびの巡礼」と題してアラスカ先住民のボブ・サムによる神話の語りとスピリチュアル・パーカッショニスト奈良裕之の共演も決定した。ボブの故郷はカナダに近い西海岸、日本列島を通過した黒潮が直接ぶつかる。ワタリガラスの神話には太古の世界に我々を引き込む。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

ライブハウス 「アミダ様」 が復活オープン

Amida03


Amida02


Amida01


Amida04

苫小牧市錦町の一条通に伝説のライブハウス「アミダ様」が奇跡の復活を遂げた。

7月7日、このプロジェクトに参加した多くのアミダ様ファンが駆けつけ、再オープンを祝った。札幌からはギタリストの関ヒトシが駆けつけて友情出演、地元アーティストとともにステージに立った。

人々はどれだけこの日を待ちわびただろう。

オーナーの「ツルさん」の笑顔が全てを物語っていた。

この日のライブは後日YouTubeにて公開予定。

「アミダ様復活」にて検索されたい。ツルさんの素顔が明かされる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

支笏湖でニジマスの大物を釣った

この日は晴れ。風は穏やかで時々さざ波が湖面を通り過ぎる。既にハルゼミのピークはすぎているようだったが、遠くからその鳴き声が聞こえていた。

セミフライ、カディス、ミッキーフィンなどを投げてみたが反応がなかった。

午後2時を回っていた。もう一度と思ってセミを遠投して着水した瞬間、魚がフライを水中に引き込み、ごボッという音がした。ゆっくりとロッドを立てると魚はダッシュして沖へと走った。10秒ほどでその突進はおわった。

リールを巻き始めると魚はほとんど抵抗しないまま湖岸へと寄った。ところが油断は禁物だ。いきなり沖へ向かって再びダッシュ。

気持ちを落ち着かせ、リールからラインが出るに任せた。5分ほどのやりとりがあっただろうか。ようやくネットに収まったのは大型のニジマスだった。これまで釣ったニジマスの中でも最大だと直感した。

それは支笏湖の宝石だった。メジャーで測ると60センチ、ジャストだった。これまでの最高は58センチ。この壁を超えるのに7,8年掛かったように記憶している。僕はこのニジマスに敬意を祓い、このあと湖に返した。20年かかって釣ったようやく僕のネットに収まった60センチのニジマスは、酸欠状態でしばらく湖岸を右往左往していたが、そのうちに深みへと姿を消した。

使ったフライは#8のセミフライ、色は黒と黄色のストライプだ。このフライに”虎ゼミ”と名付けようと思う。この湖のニジマスはストライプがお好のようだ。

使用したロッドはkencubeの14ftダブルハンド#8。ティペットは#4。


Ca3e0229_2

Ca3e0207_2
この写真は4月に撮影した残雪を写す支笏湖


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »