« 市民は岩倉市長に対して震災瓦礫の受け入れ撤回を要求 | トップページ | 映像で見る震災がれき岩倉市長との対話 »

2012年7月19日 (木)

アイヌのおばあさんの本が再販

22年前に亡くなったアイヌのおばあさんが書き残した本が、今年、再販されることになった。おばあさんのひ孫にあたる友人のカヨさんからメールをもらった。カヨさんはマレーシア在住で何年かに一度お会いするだけだが、時々便りをくれる。

著者の砂沢クラさんにお会いしたことはないが、旭川のお生まれだという。明治の植民地政策から大正、昭和の耐え難い差別の時代を過ごしたことを想像することは困難ではない。

これは日本人が読むべき本の一冊である。「revised0711.pdf」をダウンロード


最近、ボン教に関する本を読み始めた。1万7千年前からチベット地方や広く中央アジアに伝わるボン教は現在のチベット仏教の元になった教えだ。

ボン教でもアイヌと同じような方法で神々に祈り、先祖供養を行う。 旧石器時代にどこかで発展した超古文明の教えが現代に伝わっていると確信した。

ボン教によると全ての物質は光であると説いている。現代物理学がようやく到達した結論を人類は1万7千年前に解明していたのだ。しかも、人間とは何か、また人生を全うする方法までも教えている。

アイヌ文化といい、チベット文化といい現代社会の末期的病状に対する処方箋を提示しているような気がしてならない。

|

« 市民は岩倉市長に対して震災瓦礫の受け入れ撤回を要求 | トップページ | 映像で見る震災がれき岩倉市長との対話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイヌのおばあさんの本が再販:

« 市民は岩倉市長に対して震災瓦礫の受け入れ撤回を要求 | トップページ | 映像で見る震災がれき岩倉市長との対話 »