« 追悼 若松孝二監督 | トップページ | 小沢一郎に無罪判決と思ったら、解散総選挙 »

2012年10月22日 (月)

暴行犯アメリカ兵と同等の森本防衛相

森本防衛大臣はまるでアメリカ海兵隊の広報官だ。

情けない、もうこの国の政治能力はゼロである。

沖縄の有力紙琉球新報が下記のように伝えている。

12年10月21日
 【東京】米海軍兵による集団女性暴行致傷事件を受け、県内では事件の悪質性に反発が高まっている。だが、政府の認識や危機感を疑う大臣らの発言が相次いでいる。
 
事件発生翌日の17日、防衛省ロビーで記者団に初めて事件の受け止めを聞かれた森本敏防衛相は「非常に深刻で重大な『事故』だ」と発言。「事件」を「事故」と表現した。
 
さらに同日、「もはや正気の沙汰ではない」と強く非難する仲井真弘多知事に対し、森本氏は「米兵でも真面目に仕事をしている人も多い」「たまたま外から出張してきた米兵が起こす」と、言い訳とも取れる言葉を並べた。
 
ルース駐日米大使に事件の再発防止を申し入れた会談後のぶら下がり会見でも、森本氏は「米国と緊密に連携して『事故』の根絶をする」と取り組みをアピールしたが、ここでも「事故」と表現。この会見では4度にわたり「事故」と口にした。
 
一方、海外出張中の玄葉光一郎外相に代わり、事件の対応に当たった吉良州司外務副大臣も18日の定例記者会見で、「今回の『事故』はあってはならない」と発言した。
 
県内では、米兵による事件・事故が繰り返されてきた。特に女性暴行事件は復帰後127件に上る。だが野田政権の大臣、副大臣が今回の事件を何度も「事故」と口にする姿勢からは、政府が「たまたま」(森本氏)起きた偶発事として捉えたい本心だけでなく、国民にもそうした印象を植え付けようとする思惑も透けて見える。

|

« 追悼 若松孝二監督 | トップページ | 小沢一郎に無罪判決と思ったら、解散総選挙 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴行犯アメリカ兵と同等の森本防衛相:

« 追悼 若松孝二監督 | トップページ | 小沢一郎に無罪判決と思ったら、解散総選挙 »