« 鳩山元首相の引退 | トップページ | 映画「ルート・アイリッシュ」と安部自民党の政策 »

2012年12月 4日 (火)

日本未来の党に投票する

「国民の生活が第一」に投票しようと思っていた。そしたら滋賀県の嘉田知事が新党を作って、「生活」が「未来」に合流した。

小沢一郎は数ヶ月前から新党を仕込んでいたらしい。そうでないといきなり「生活」を解党できるはずがない。未来のHPには4000万件のアクセスがあったというから予想以上の得票になるだろう。

天下分け目の闘いになる。

民主、自民、維新がびびりまくって、肝の小さいスピッツ犬のように未来にケチをつけている。あわれ、アメリカの犬ども、であるな。

何故、彼らがアメリカの犬なのか。

安倍が言いだした金融緩和とは結局のところお札を世間にばら撒くというお粗末な政策で、アナリストの田中宇氏によれば

「安部が国債と円の増刷を過激にやろうとしている理由は、米国で米国債とドルの過剰発行(QE3)が行われ、米国債とドルが崩壊しそうなので、それを防ぐため日本の国債と円を過剰発行し、資金がドルから円に流れるのを防ぎ、米国を助けたいからだ。日本の国債と通貨を米国並みに弱くして、米国を助け、日本の対米従属を維持しようとしている。政府が日銀に圧力をかけて円を過剰発行に誘導しようとする策は、民主党政権でも、対米従属派の旗頭だった前原誠司がさかんにやってきた」と、なる

自民党中心の政治が復活すると日本はアメリカと心中することになる。

日本未来の党を応援するのは、反「原発・TPP・消費税増税」だけではなく、中国との太いパイプを持っているからだ。未来シンパの新党大地はロシアとのパイプを持った鈴木宗男がいる。大地はロシアから天然ガスをパイプでもって直接輸入すると公約で言っている。

小沢一郎や鈴木宗男という政治家は10年前は大嫌いだった。

しかし、様々な情報で大手マスコミの情報が間違いだったことが明らかになった。マスコミは三大新聞をはじめ、テレビ局は全てアメリカの手の平の中にいることを知った。どうりでアメリカのニュースが多いはずだ。アジアで100人が死亡した事故よりアメリカで10人死んだ事故のほうがニュースの扱いが大きいのはその証拠だ。

安倍自民が政権を握ると「集団的自衛権」の行使が可能になり、アメリカと一緒になって戦争することになる。

最近の国連総会でアメリカはパレスチナの国連加盟を阻止できなかった。EUがイスラエルに三行半を付けつけた。落ち目のアメリカに貢ぐ自・公政権はますます国際社会で孤立するだろう。国防軍創設でアジアからはつまはじき、集団的自衛権で中東でアメリカとつるんで戦争なんぞするとアラブからも絶縁される。

だから僕は日本未来の党に投票する。選挙が俄然面白くなってきた。

|

« 鳩山元首相の引退 | トップページ | 映画「ルート・アイリッシュ」と安部自民党の政策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本未来の党に投票する:

« 鳩山元首相の引退 | トップページ | 映画「ルート・アイリッシュ」と安部自民党の政策 »