« マヤ暦 | トップページ | 環境亡命その2 »

2012年12月29日 (土)

環境亡命

テレビ朝日があべしんの暴走を淡々と伝えてた。

安倍総理大臣:「廃炉に向けた皆さんの挑戦が成功して、初めて、福島の復興、日本の復興につながる」
 安倍総理は、福島第一原発で作業員らを激励し、廃炉に向けて、政府としても全面的にバックアップすると強調しました。
また、川内村と郡山市の仮設住宅を訪れ、避難生活が2年目に入った住民から話を聞き、一日も早く、もとの生活に戻れるよう全力を尽くす考えを伝えました。一方、民主党政権が掲げていた原発を2030年代にゼロにする政策については、否定的な考えを示しました。
 安倍総理大臣:「希望の段階で、直ちに今の政策になっていくということではない。エネルギー政策は極めて重要ですから、日本が成長していくためにも生活の糧を得ていくためにも、責任あるエネルギー政策を進めていく」
 安倍総理はエネルギー政策に関し、10年間で最適な電源の組み合わせを決める考えを強調しました。

自民党支持率が59%だと。ご祝儀に強気になったあべしんが原発を再稼働することを正式に表明した。今でも毎日猛毒の放射能を大量に垂れ流している福島原発を視察後のことだ。

もうだめだ。この国は滅亡する。

海外の友人たちは、先の総選挙で自民党を選んだ日本人の選択を呆れてみている。

「フクシマから日本人は何も学ばなかったのか」と。

もしも、環境亡命が認められるなら集団で移住しよう! この国で子孫は残らない。日本人の遺伝子を残すために若者よ、海外に逃げろ。

原子炉と心中するのは自民・公明と維新とその支持者60%の日本人たちで十分だ。

優秀な日本人のDNAを求める国はいくらでもあるぞ。こうなったら、逃げるが勝ちだ。

|

« マヤ暦 | トップページ | 環境亡命その2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境亡命:

« マヤ暦 | トップページ | 環境亡命その2 »