« 日本未来の党、小沢一郎、嘉田党首の演説映像 | トップページ | 南ドイツ新聞、安部政権と日本のメディアを批判 »

2012年12月18日 (火)

支持率20%の自民が圧勝?

2012年総選挙が終わった。市民感覚からするとやね。急に九州弁になるが、自民が圧勝、という新聞の見出しは間違いで、民主大敗が正しい。

自公と組んで消費税増税なんかやって、誰のお告げか知らんが突然解散する寝ぼけた政治感覚の野田首相は歴代に名を残すオソマツ君だった。

松下政経塾出身者の”政治家ごっこ”で小沢・鳩山のアジア重視の全方位外交路線から完全に外れ、官僚・アメリカの傀儡政権と化した民主党は労働組合のためだけの政党に落ちた。

グッドバイだ。

福島原発からは今日も大量の猛毒が放出されているのにマスコミは原発事故処理を争点からはずした。小沢つぶしを徹底したので、日本は極右が台頭した。石原のゴロツキを野放しにしたのはマスコミに責任である。

日本未来の党の出番はこれからだ。次の大地震が来る前に放射能汚染からこの地球をいかに早く救えるか。方法はいくらでもある。心ある市民が結集すれば、必ず未来は明るい。

国民の20%が支持する自民は来年夏の参議院選挙で支持率は更に下がり、次回総選挙までの命だろう。欧米、アジアからはつまはじきにされる。

国際感覚麻痺の安部と石原が、二人で鉄砲を担いで中国と戦争すればいいのだ。

|

« 日本未来の党、小沢一郎、嘉田党首の演説映像 | トップページ | 南ドイツ新聞、安部政権と日本のメディアを批判 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 支持率20%の自民が圧勝?:

« 日本未来の党、小沢一郎、嘉田党首の演説映像 | トップページ | 南ドイツ新聞、安部政権と日本のメディアを批判 »