« 環境亡命 | トップページ | あっぱれ! 東京新聞 »

2013年1月 1日 (火)

環境亡命その2

明けましておめでとうございます。

026

古代からチベットに伝わるボン教の教えによると、地・水・火・風・空 をこの世界、自然に存在する五大元素としている。この地球はエネルギーに満ち溢れている。

思考が停止した安倍首相はフクシマから何も学べなかった。成蹊大学を卒業したお坊ちゃんだから、学習能力が低いのは仕方がないか。そんな男を日本のリーダーに選んだ諸君の罪は深いぞ。カエルのリーダーはカエル、か。

そんな国におさらばしたい冒険心ある若者よ。環境亡命、と言われても、どうしたらいいのかわからない君にひとつの方法を教えよう。

30歳以下であれば、ワーキングホリデイhttp://www.studyabroad.co.jp/working_holiday/というシステムがある。

海外で1年または2年間、働きながら生活できる。そこで信頼を得たならば、身元保証人を確保して海外で仕事をする。そして市民権を取得する。

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリスなどに移住できる可能性は大である。

チンケな郷土愛、愛国精神は放射能汚染には何の役にもたたんぞ。

もうこのクニを捨てよ。そして生き延びろ。もしかしたら、世界を知った君たちの子供たちがこのクニを立て直すかもしれない。


|

« 環境亡命 | トップページ | あっぱれ! 東京新聞 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 環境亡命その2:

« 環境亡命 | トップページ | あっぱれ! 東京新聞 »