« あっぱれ! 東京新聞 | トップページ | 日刊ゲンダイの記事に同感---幼稚な国アメリカ »

2013年1月24日 (木)

テロリストたちのプラント攻撃

ついに犠牲者が---。

この本社は息子の職場だっただけに、事件発生後の経過には目が離せなかった。

どうしてこんなことが起こったのか。

それは当事者たちにプラントのある地域が戦場であるという認識がなかったのではないか、とう疑問である。

思えば、アメリカのブッシュJR大統領がイラク、アフガニスタン戦争を始めたとき、「アメリカにつくか、テロリストにつくか」と息巻き、調子に乗った小泉首相がその戦争に参加すると表明したのだ。日本のメディアもイラク戦争は必要だという見解で戦争に反対する意見は封じ込められた。

この時から日本は反イスラム勢力のひとつに数えられていたのだ。現在も日本はアメリカの言うイスラム教とキリスト教との戦争に参加しているのだ。

この事件は予測できたのだ。当時はアメリカに追従するなという少数意見もあったような気がする。プラント会社はこのことを忘れていたのだろうか。

小泉はこの事件について何か言う事があるだろう。お悔やみくらい言ったらどうだ。ウィスキー片手でニュース見てたんじゃあないだろうな。あんたの責任は重大だぞ。

日本はアメリカの奴隷国家(ほかの言い方がるなら衛生国家)の宿命を背負っているのだ。

ヨーロッパではアメリカ人は嫌われている。オーストラリアでもそうだ。ブッシュからオバマ大統領に変わっても同じらしい。

歴史は繰り返す。

太平洋戦争時、日本はヒットラー率いるドイツ、ムッソリーニ率いるイタリアと同盟を結んだ。今は世界から見放されているアメリカと同盟を結んでいる。

国は違うが状況が太平洋戦争当時と似てきた。我々の政府、マスコミ、市民感覚にはそんな認識はまるでない。火がついて、気がついたらお手上げではどうしようもない。

安倍首相は政権を握ってまるで国民の信頼を得たような顔をしているが、大間違いだ。しかし、彼は外務省の官僚と組んでさらにアメリカとの関係を深めようとしている。日米関係はこのまま続くのだろう。今度の事件のような犠牲者は増えることがあっても減ることはない。

小泉元首相はこう言うのか「自己責任だ。敵国のイスラム国家で仕事をするのが悪い」と。

|

« あっぱれ! 東京新聞 | トップページ | 日刊ゲンダイの記事に同感---幼稚な国アメリカ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テロリストたちのプラント攻撃:

« あっぱれ! 東京新聞 | トップページ | 日刊ゲンダイの記事に同感---幼稚な国アメリカ »