« 2013年9月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月22日 (月)

ips

IPS騒動とはなんだたのでしょうか?

私見ですが、この問題については歴史に必ずついてまわる
”隠蔽”又は”改ざん” という文字が浮かび上がってきます。
IPS細胞は現在の企業社会にとって
存在してはならない発見だったのです。

歴史の改ざんといえば、
日本の歴史の得意技で、
古くは朝鮮半島からやってきた百済王朝の末裔(現在の天皇家)が
古事記や日本書紀でそれまでの事実を改ざんし、
スサノウが打ち立てた最初の日本王朝を葬り去った

大嘘を打ち立てたことが始まりです。
IPS細胞が存在すると利権を独占している製薬会社、日本医師会にとっては
存続問題に発展する大発見だったのでしょう。
絶対に潰すべき発見だったのです。
IPS細胞は再実験でも作られなかったと決めつけられましたが、
その実験方法はIPSをなきものとする者たちの監視のもとで
まさに小保方さん曰く「魂の限界」の中での
プレッシャーを受けながらの再生実験だったのです。

彼女は理研を退職しました。
小保方さんにとってこういう敵が現れると、
反対に大きな味方が現れるのが常なのです。
まだ若い研究者なのですから、またどこかで
やり直せばいいのです。

人類を救うのは彼女なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月17日 (水)

光は沖縄から

http://www.tokyo-np.co.jp/…/editori…/CK2014121702000144.html

沖縄が光り輝いて見えます。

全県民がアメリカ支配を拒絶したのです。
基地の数は沖縄ほどではありませんが、
日本は米軍の占領支配となているのは
鳩山元首相が街頭演説で暴露した
「日米合同委員会」なる存在です。
米軍幹部が日本の官僚トップを呼びつけて
日本の政治を決めていたのです。

沖縄は古い日本語が残ってもいます。
石垣島で使われている「いらっしゃいませ」という意味の
「おうりとうり」というのは
「お出でたもうれ」という
今ではもう使われない
古い日本語なのです。

沖縄文化と日本文化は兄弟関係であると民俗学者の
谷川健一さんは著書「南東文学発生論」
で考証しています。
沖縄の文化は日本文化の源流であることは何年も石垣島と
関わってきた経験で肌で感じたことでもあります。
「ああ、古き良き日本がここにあった」と感じさせる島なのです。
日本が石垣島のような雰囲気だったらどんなに
平和な国だろうな、と思うのです。

行ったことはありませんが
ヒマラヤの王国ブータンのような雰囲気を
想像してもらえればわかります。

光は沖縄から

経済界も脱米軍基地に舵を切ったと言われる沖縄に
日本という国が本来の魅力を取り戻すヒントがあるのです。
今回の衆院選挙で最も輝いた沖縄県民の
良識にこころから敬意を表したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月15日 (月)

不正選挙天国の日本


http://www.hokkaido-np.co.jp/news/2014shuin/580373.html


もしかしたら、今回の選挙結果は捏造されているのかもしれない。そう疑るきっかけとなったのは、北海道9区の選挙の開票所で私たちは双眼鏡で誰にどれだけ入ったのかチェックして、開票状況を観察していたからです。

私たちは開票所で目に入る名前を片っ端から読んで、チェックしたのです。その結果は民主党の候補が圧勝という結果でした。となりで同じことをやっていたテレビ局も民主党候補リードしている、優勢だという話をしていたのが耳に入りました。


私たちの数えた結果は自民党候補:民主党候補 388:478、という結果でした。

全部を読んだわけではないのですが、大方の傾向がこれで出てくるのが一般的なのです。

ところが最終的には自民候補が30500、民主26000 という結果となりました。

一般席で見たのとは全く逆の結果なのです。

日本の開票所は一応、一般公開されています。

しかし、手元で勘定している市役所の職員の中には自民党と民主党の票を一緒の入れ物に入れていたのを私は見ていました。しかも、その票は機械にかけられてお札を数えれるように計算されます。チェック無しで機会に通し、束にされると誰もチェックしないのです。
民主党の候補の票を自民党の票に数えてもわからないのです。

この自民党の候補は清和会に所属しています。清和会とは対米従属の派閥で安倍首相が所属している会派なのです。

日本の選挙にも国連の選挙監視団が必要な時期が来ているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

失敗したアベノミクスはどうして支持されるのかわからん

http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121001001518.html

最後に記事を書いて一年以上が経過しました。

再び映像や世相を中心に書いていまたいと思うようになりました。


ところで、株価上昇だけが頼みのアベノミクス、大ピンチ。

自民300議席越えと報道された途端に株価が連日の急落です。
これはもしかして投票日前にして大地殻変動かあ?

国民総生産値GDPがマイナスの下方修正なのに株高なのはどうしてなのか?
どうして失敗したアベノミクスは国民から支持されるのか? 最近の国民の動向は全く予想外の展開で、エコノミクスアニマル日本人はどうしてこうも経済オンチになったのか?
などなど考えを巡らせていました。

実体経済とかけ離れた株価に納得がいきませんでした。

所詮、選挙はショーですから、
選挙遊びの好きな海外の投資家が
日本の株を売ればあっという間に急落します。

自民党議員は「これ以上株価が下がりませんように」と
神頼みしているのでしょうか。
共産党は「株価もっと下がれー」とこれまた神頼みしているのでしょうか。

「名前の連呼だけはいいかげんにしろ!」と
候補者には実のある街宣をお願いしたいもの
です。

いずれにしろあと3日でまた平穏な日々が戻ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2015年1月 »